2019年01月06日

今年もよろしくお願いいたします

先ずは、謹賀新年、今年もよろしくお願いいたします。
 
 消費者協会の仲間はどの方も何かに興味・意欲を持っているせいか、皆さん、昨年もたくさんの活動を楽しんでやられました。頭の硬くなった私はいつも活動からパワーをもらっています。でもすごいと思うのは、ただ例年通りに、とやっているのではなく、常に模索し問題をクリヤーしながら進んでいることです。そこが見習いたい点です。
 今年度もやってくれることでしょう。私はその立ちはだかる難問に今年はどう対決するのかまた学ばせていただきます。皆さんも私たちの仲間の活動を応援してください。
 余談ですが、受け取る側の頭も柔らかくしておくことも必要です。硬くなった私の頭にはぴったりのイベントが今行われています。新潟三越で開かれている田中達也「見立ての世界」展です。よくもまあ、こんな風に見立てられるものだ、と感心させられっぱなしでした。楽しい「見立て」に思わずクスッとしてしまいました。(1月14日まで開催、写真OK, SNS OKです)

minyutia.jpg
どの本も”菓子”出し”OK




posted by さくら at 18:15| 新潟 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月16日

レジ袋で思うこと

 最近、またレジ袋が話題(問題)になっています。
 かって話題になったのは、今から40年くらい前でしょうか。その時は、気軽にもらうレジ袋がごみとなり「ごみが増える」「無駄」等という環境問題が中心でであったように思います。その頃、消費者協会の会員は、「その通り、私たちがこの問題に立ち向かわなくては」と行政を共に、レジ袋削減運動(マイバッグ運動)に取り組みました。そのうねりは、ただでもらうから気軽に受け取ってしまうのだ、レジ袋は有料でいい、必要な人が買うというのでいい、と進んできました。
 今またレジ袋、という文字が目につきますが、もっと深刻な問題をはらんでいます。それはレジ袋だけでなく、プラスチック製品すべてを含んだ環境問題です。私だけかもしれませんが、海の汚染(海洋生物の危機)には40年前は気が付きませんでした。数年前からこの海の汚染は話題になり始めていましたが、今日の新聞には「国連環境計画」で2025年までにプラスチック製のレジ袋やストロー、食器の使用をやめた上、最終的には使い捨てプラスチックの全廃を目指す、と書かれていました。大賛成です。また、消費者協会の一員としても大いに協力したいと思いました。
 日本政府は宣言案を巡って受け入れるかどうか難しい対応を迫られそうだ、とありましたが、先ずは個人・団体で少しずつでも進めていきたいものです。食品ロスについても。

無題.jpg>無題2.jpg
新潟市消費者協会デザイン「マイバッグ」


posted by さくら at 11:58| 新潟 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月16日

会員向けのお便り

 私の所属している新潟支部では2か月に1回お便りが届きます。「ハイライト」という名前の情報紙に加えて、イベントのチラシなども入っています。「ハイライト」にはイベントのお知らせや参加された方の報告、消費生活のお得情報などなど4頁にぎっしりです。私は雑な読み方ではありますが、全てに目を通して、編集者のご努力に感謝します。
 今回のお便りにはこのほか、市委託事業の担当部からの全国消費者フォーラムでの発表資料とそれに関するちょっとした「食品ロス削減」の関する情報も同封されていました。素晴らしい活動を知ることができよかったと思いました。
 その中のほんの2,3行ですが、<究極の裏技>という所に、夏野菜の保存をUPした「新潟市消費者協会」ホームページ内「新潟の味」に触れてありました。UP作業をしている私にとってはうれしいことでした。掲載されているお料理のほかにもまだまだ隠れた料理や裏技があることでしょう。各支部のHP係の皆さんのお力で、そういうものをこれからも気負いなく紹介していけたらと思っています。
   これからの季節は「笹団子」ですね このHP[新潟の味」にあります。

sasadango.JPG



posted by さくら at 10:04| 新潟 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする